ネットワークビジネスのアポ取りは必要じゃないかも?


ネットワークビジネスに参加して、
必ずしなければならないのがリストアップアポ取りですよね!

あなたはアポ取りに苦労してませんか?

作成したリストを元にネットワークビジネスを勧誘するために、
電話をしたり、メールやLINEで、相手の方アポ取りの約束を
とらなければなりませんよね。

ネットワークビジネスで成功するために欠かせないのが
アポ取り=アポイントですね。

でも現実アポの取りって難しくないですか?

ネットワークビジネスでよくあるアポ取り


NGなアポ取り

よくありがちなのが、普段からあまり連絡を取っていない人に突然連絡をすること。
同級生なんかだと10年ぶりとか?

「久しぶりに会わない?」
「お茶しない?」
「ランチ行かない?」
とか。

break-1850705__340.jpg

久々に声をかけてくれから、ちょっと会ってみようかって、
実際会ったらネットワークビジネスの勧誘だったとしたら?

ドン引きですよね~~。

同級生なんかだと、すぐ噂が広まってしまいますからね。。。

「あの子から電話がかかったら要注意」よなんてね・・・

これは同級生に限らず、会社の同僚なんかでも同じことが起きてしまいます。

人って、悪い噂ほどすぐに流れてしまうんですよね。

ネットワークビジネス開始当初は、かなりテンションが上がってる状態なので、
しばらくあっていない友人などにも、ガンガンアポを取り付けがちですよね。。

ここで、注意したいのが最初に「ネットワークビジネスに話だとは言わないアポ取り」です。

違う目的でアポを取ることが禁止されているんですよ。

必ず「ネットワークビジネスの話を聞いてほしい」という趣旨を
最初に伝えなくてはNGです。

NGなアポ取りをする理由


最初から「ネットワークビジネスの話をしたいから会おう」っていうと
99%??お断りですよね。

だから、最初に全く趣旨を伝えずにアポを取るわけです。

アポ取りがいかに難しいことかを痛感しますね。


たとえ、禁止された「お茶しよう」みたいなアポ取りで、
上手く友人と会えたとしてもどうでしょう??

「最初から言ってよ!」
「騙したわね!」
みたいな悪印象を与えるだけだと思います。


まだマシなアポ取り


日ごろからよく会っている友人や知人なら、
自然にネットワークビジネスの話ができますよね!

「私、こんなビジネスはじめたの」
「こんな製品使ってるの」と
自然な口コミができるので
お相手もさほどイヤな気持ちにはなりません。


自分の姿を見せて「なんか最近イキイキしてるね」とか
「お肌がきれいになったね?何か始めたの?」
みたいな会話から話が始まれば一番理想的な誘い方だと思いますね。


ネットワークビジネスで本気で成功するには?


いつも顔を合わせる人って100人もいないですよね!

そんな人はせいぜい5人もいたらいい方でしょうか?


ネットワークビジネスで本気で成功したいなら!


日ごろ会わないリストアップした人にアポ取りをして、
尚且つ、ビジネスメンバーになってもらわないと
自分のダウンラインができなくて成功はありえませんよね!

口コミスタイルのネットワークビジネスでは現実、
アポ取りの段階で既にハードルが高いんですよね。

最初からネットワークビジネスの話だと言って、
アポ取りすることは至難の業だと思います。

■アポなしで集客する方法


興味のない人を誘って迷惑をかけるのはもうやめましょう。
禁止されてるアポ取りはやめましょう。
ネットワークビジネスの評判が下がるだけです。


➰アポ取りなしでも集客できるMLM
成功法!